アパート経営なんでもQ&A
質問登録する 質問数:272件
  • 新着情報
  • 投資の比較
  • 入居者の管理
  • 企業選択
  • トラブル解決
  • 資金とローン
  • アパート建設
  • 税金と法律
  • マンション経営
  • その他
  • 不動産投資 よくある質問
  • アパート経営 新着ニュース
  • アパート経営 基礎知識
  • アパート経営 アレコレ比較
  • アパート経営 失敗体験談
  • 不動産投資 成功10の方法
  • 独占企業に聞く!企業インタビュー
  • 土地活用とは
  • アパート経営 用語集
  • アパート経営 リンク集
  • アパート経営 メールマガジン登録
  • アパート経営.orgとは
  • ノンリコースローン
  • 広告掲載について
  • コピーライト
  • サイトマップ
アパート経営.orgアパート経営 基礎知識アパート経営のデメリット
 
[PR]
アパート経営.orgバナー
 
デメリット


4つのデメリット
高利回りは条件次第 銀行よりは高利回り
高利回りかどうかは立地条件・入居者があること・希望する家賃が設定できることが条件です。例えば、都心では地価が高すぎると利回りが悪くなります。逆に、郊外でも前記した3条件に当てはまる場合には利回りはよくなります。
このように利回りは各条件によって異なってきますので、あくまでも利回りの高さを考えるより、少ない投資での長期安定型収入を目的として認識しなければなりません。
長期安定型収入を目的に。
金利の上昇と換金性のリスク 困ったときのサポート体制のあるパートナー企業を選びましょう。
低金利時代がいつまでも続くとは限りませんので、現在の金利水準を目安に投資計画を進めたり、無理な借入をすることは避けなければなりません。将来、金利水準がアップした事も考え、返済に無理のない投資・返済計画を綿密に考える必要がります。
また不動産投資は換金性がよくありません。急に手元に資金が必要になっても、そう簡単には対応できづらい性質がありますので、これらの事を十分に認識して、資金に余裕のある投資をしなければなりません。
入居者が居なければ安定収入は望めない 安心の保証システムを利用しましょう。
住宅の供給が旺盛な今、入居者が自分のスタイルにあった物件を選別する時代です。立地条件、建物設計など、当初の計画段階では予測することの出来なかった「空室問題」「家賃滞納問題」「賃料下落問題」が発生する可能性があります。
ですが、最近では、入居者の募集や建物の管理代行を、企業が請け負うスタイルが増えてきています。この保証システムを利用すれば、空室や家賃滞納が発生しても心配ありません。
安心の保証システムを利用しましょう
建物の老朽化や地震・火災発生のリスク 最終的には土地が財産に・・・
年月が経つにつれ、建物の老朽化が進んでいる・考えてた以上に設備投資金額が高いなど、修繕の不安が出てきます。その為に、修繕積立金を毎月の収入の中で積み立て、修繕資金をプールしておく必要があります。現在ではパートナー会社が提案する「長期修繕計画」に沿って修繕を行っていけば、建物・設備の老朽化・陳腐化が防げますから、アパート経営を始められる前に、信頼のおけるパートナー企業と相談・検討しなければなりません。また、地震や火災が発生した場合のことも考え、火災保険・地震保険には必ず入っておきましょう。
アパート経営とは アパート経営 メリット アパート経営を失敗しないために 収益物件を選ぶポイント
アパート経営は他の投資と何が違うの? アパート経営 デメリット 収益物件関連用語集 アパート経営 基礎知識トップ
[PR]
アパート経営.orgバナー
広告のお問い合わせはこちら