アパート経営なんでもQ&A
質問登録する 質問数:272件
  • 新着情報
  • 投資の比較
  • 入居者の管理
  • 企業選択
  • トラブル解決
  • 資金とローン
  • アパート建設
  • 税金と法律
  • マンション経営
  • その他
  • 不動産投資 よくある質問
  • アパート経営 新着ニュース
  • アパート経営 基礎知識
  • アパート経営 アレコレ比較
  • アパート経営 失敗体験談
  • 不動産投資 成功10の方法
  • 独占企業に聞く!企業インタビュー
  • 土地活用とは
  • アパート経営 用語集
  • アパート経営 リンク集
  • アパート経営 メールマガジン登録
  • アパート経営.orgとは
  • ノンリコースローン
  • 広告掲載について
  • コピーライト
  • サイトマップ
アパート経営.org不動産投資で成功するための成功10の方法不動産投資成功10の方法その4
 
[PR]
アパート経営.orgバナー
 
不動産投資で成功するための成功10の方法
不動産業者はどこを選ぶ?
景気の低迷で、アパート家賃の値下がりと空室の問題がおきています。アパートを建築、購入する場合、アパート業者の計画書を鵜呑みにしないことが大切です。
アパート経営で失敗しないためには、契約前に入念なチェックが重要です。
不動産業者7つの選択のポイントを提案します。


アパート事業計画書の根拠を確認する
  1. 長期入居率のチェック

    入居率が長期間100%はありえなく、満室家賃の約70%を前提に検討することが必要です。金融機関・銀行は満室の約80%で査定します。

  2. 但し書きのチェック

    アパート計画書で、収入は高め、経費は低めに設定するケースの計画書があります(見かけの利回りを高く見せるため)。また「ただし、現時点の試算で、長期金額を保証するものではありません。」の但し書きもあります。しかしこのあいまいな現時点の試算が顧客への説得材料になっているので要注意です。

  3. アパート建築の内訳価格のチェック

    解体費用業者が負担ということがありますが、この費用も建築費用に上乗せになっているケースが大半ですので、アパート建築価格の内訳をチェックします。

  4. 共済会の仕組み組チェック

    共済会の家賃90%保証を鵜呑みにしないこと。
    家賃90%の保証のため、毎月家賃の約4%の会費を支払います。実質は約86%になります。
    ある大手のアパート業者で「当社は30年の家賃保証をやっています」がありますが、11年目からこの90%保証家賃も2年ごとに改定される場合があり、内容について吟味することが大切です。

アパートローン低金利融資の提携金融機関をもっているか
  1. アパートローンの低金利の提携金融機関をもっているかどうかです。
    金融機関と、都市銀行、地方銀行、ノンバンク、生保、損保、農協、信用金庫、国民金融公庫などがあります。団体生命保険、固定金利適用などよくチェックします。特に銀行だけに偏らず、生保なども候補に入れるべきです。

  2. 契約前に、金融機関から、融資がどれくらい、金利はいくらで借りられるかが確定していないとアパート業者と契約してはダメです。

  3. 長期的なリスクを回避する場合、10年以内は当初の低金利の取り決めで可能と考えますが、11年目以降の金利を考えるとき、4〜5%を想定して検討すべきです。

地域の販売実績・管理実績はどうなっているか
  1. 見積もり業者の地域の建築実績、管理実績を確認すること。

  2. 又見積もり業者の現在の物件を見て回ること。数をみれば、それなりに問題点を見つけることができるものです。
    (オシャレ感覚、シテイ感覚、若者感覚など)

  3. 地域によっては、アパートの難しい地域もあります。その場合業者はどのような分析をしているのか、需要見込みはどうなのかを聞く必要があります。

  4. 特にワンルームマンションを選ぶ場合、地域のニーズが限定されるので注意が
    必要です。地域プランに合っているかチェックします。

  5. アパート入居者の特定客がどのくらいもっているのかをチェックします。
    (大学生、法人社宅契約数など)

社員定着率の高い業者か
  1. アパートは長期に渡る経営であるため、社員の定着率が大切です。特に頻繁に 担当者変わるようでは、顧客オーナーの要望を充分に対応できるわけがありません。

  2. 営業マンを信用してもすぐ転勤かやめるようでは相談もできません。

  3. 社員はできれば、能率給与・歩合制ではなく、月給社員が望ましいと考えます。

契約を急かしすぎないか
  1. キャンペーン中です。の甘い誘いに乗らないこと。

  2. 「今を逃すと、ダメ」の切羽つまった営業マンは避けること。

アパート工事費の相見積もりをとったか
  1. オーナーは、契約前に地元業者を初めとして、数箇所から見積もり書をとることが必要です。

  2. アパートは、一般的にアパート会社の建築工事費に対して、粗利が約30%といわれています。営業セールスマンは、歩合制が多く1億円の契約に対して、約3% 300万円が支払われます。だからオーナーは、契約前に地元業者を初めとして、数箇所から見積もり書をとることが必要です。各社のアパートの内容は、一律同じではありませんが多いに参考になります。

  3. 工事の途中変更の水増しが行われるケースがあります。
    (例貯水槽など水廻りは多額の水増し傾向に注意が必要です)

アパート工事費の相見積もりをとったか
  1. 単に入居者管理だけではなく、建物の長期修繕計画の具体策をもっているかが 重要です。
    (10年、20年、30年の修繕計画表の作成、修繕費用計画など)

  2. 修繕費は、5年ごとに建築総額の1.5%を積み立てることが必要です。しかし業者によっては、請負建築価格の1%以下の修繕積み立て計画になっているケースもありますので要注意です。
不動産投資成功法1:これからは不動産投資で資産運用! 不動産投資成功法2:今、求められる人気の賃貸住宅とは? 不動産投資成功法3:アパート経営を始めたい!資金編 不動産投資成功法4:不動産業者はどこを選ぶ? 不動産投資成功法5:不動産投資の成功の秘訣は「上手な管理」
不動産投資成功法6:アパート経営は定期的な世話が必要! 不動産投資成功法7:分散投資で資産運用・資産形成を! 不動産投資成功法8:アパート経営事情に強くなる! 不動産投資成功法9:サラリーマンも不動産投資で成功? 不動産投資成功法10:不動産投資「成功」と「失敗」
不動産投資で成功するための成功10の方法

[PR]
アパート経営.orgバナー
広告のお問い合わせはこちら